いちき串木野のみどころやイベント、様々な話題をご紹介するコーナーです。
「秋太郎」の季節がやってまいりました~![2009年10月09日]

「秋太郎」の季節がやってまいりました~!

●「秋太郎」について

「秋太郎」とは、バショウカジキマグロのことですが、
秋の季節になると獲れるということで、鹿児島では「秋太郎」の愛称で親しまれています。
地元の方言では、「あったろー」などと呼ばれています。

バショウカジキは日本では東北以南から台湾にかけて、東シナ海の黒潮の表面に分布する魚で、笠沙沖や甑島辺りで捕れます。

鹿児島では八月の下旬から十月初旬にかけて市場に出回ります。



「秋太郎」は、マグロ赤身より少し薄い色で、脂身のトロっとした感覚が美味しく、地元ではとても人気の高い魚です。
刺身はもちろん、ステーキ、照り焼きにして食べると美味しいです。



●さつま揚げの原料として

さつま揚げでは、主に、イワシ・エソ・アジ・タイ等々、通常、数種類の魚を混ぜて作りますが、やはりその時期の旬の魚を使います。

漁獲量が一定ではないので、その時々で原料の魚の種類の割合は一定ではないのですが、この季節には、この秋太郎(バショウカジキマグロ)が入っているさつま揚げが多くなります~。

⇒ [トピックス一覧に戻る]